差別に反対する市民たちの戦い「映画カウンターズ」東京プレミア上映会&トークセッション

Description

★トークセッションのゲストが決定しました。★

上映後、映画「カウンターズ」主人公3名

安田浩一さん、渡辺雅之さん、伊藤大介さんによる

トークセッションを行う予定です。

※当日ゲストは都合により変更となる場合があります。その際の、チケットの払い戻し、変更は致しかねますので、予めご了承ください。



差別に反対する市民たちの戦いを描いたドキュメンタリー映画
「カウンターズ」東京プレミア上映会&トークセッション決定!

https://youtu.be/jPVFWw1voQY

  • 第33回「フリブール国際映画祭」
  • 第17回「ニューヨークアジアン映画祭」
  • 第43回「ソウル独立映画祭」
  • 第9回「釜山平和映画祭」
  • 第9回「DMZ国際ドキュメンタリー映画祭」

    その他、多数の映画祭に招待された話題作。


    [韓国観客の評価]

    9.27

    ※韓国NAVER映画観覧客評価
    
  • 今年最高の ドキュメンタリー映画!
  • おもしろい!日本の市民 社会は無関心だと思って いたのは間違いだった
  • 様々な差別が蔓延する 今の時代に必要な映画
  • ラストシーンが 意外な展開で驚いた
  • 笑って、泣いて、考えた


    [ABOUT MOVIE]

    ヘイトスピーチを許さない「カウンター」
    日本初「ヘイトスピーチ解消法」の成立を導く!

    2013年2月、東京の真ん中。

    JR山手線新大久保駅周辺にある韓国料理店と韓流ショップがひしめく コリアタウンでは「在特会」(在日特権を許さない市民の会)の構成員たちが"良い朝鮮人も、悪い朝鮮人も、どちらも殺せ"、"朝鮮人の女はレイプしてもいい"などと主張するプラカードを持った嫌韓デモが行われていた。

    一方で、"差別反対"・"差別主義者は恥を知れ"というプラカードを持っている人たちの姿もある。

    「在特会」の脅威と扇動に対して戦う彼らは「カウンター」と呼ばれている。
    「カウンター活動」とは、レイシストの街宣やデモの現場においてヘイトスピーチが拡散するのを阻止する活動のことをいう。

    映画<カウンターズ>は2013年から5年間、日本全域に猛烈に巻き起こった嫌韓デモに対し反差別運動を繰り広げた「カウンター」の呼ばれる者たちの活躍を描いた作品である。


■場 所:

練馬文化センター 大ホール
〒176-0001 東京都練馬区練馬1-17-37
西武池袋線 練馬駅 / 中央北口 徒歩1分
西武有楽町線 練馬駅 / 中央北口 徒歩1分
都営地下鉄大江戸線 練馬駅 / 北口 徒歩1分
アクセスはこちら:https://www.neribun.or.jp/access/nerima.html


■入場料:

前売り券 1,500円 (※自由席・中学生以上)
当日券  1,800円 (※自由席・中学生以上)


■日程:
12月20日(金)18:30受付開始、19:00上映

■主催:   
カウンターズ上映委員会

■お知らせ&お問合わせ:
https://www.facebook.com/counters2019/

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#502161 2019-12-06 09:05:55
More updates
Fri Dec 20, 2019
6:30 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
練馬文化センター 大ホール
Tickets
前売り券(自由席) ¥1,500

Combini / ATM payment will be closed at the end of Dec 19, 2019.

Venue Address
東京都練馬区練馬1丁目17−37 Japan
Organizer
ブルードットムーブメン
51 Followers